ブログ

ホームページを開設したらGoogleアナリティクス

私は昨年(2014年)6月から通訳案内士向けHP制作セミナーを不定期に開催しており、11月には「0円から始める」中小企業向けWebマーケティング入門を開催します。また、中小企業や各種団体のホームページの制作に携わっています。

ときどき勘違いされている方がいらっしゃるのですが、ホームページを開設したら自動的にアクセスされる訳ではありません。仕組みとしては「世界中からアクセス可能」になりますが、開設イコール「世界中からアクセスされる」とは決してならないのです。もちろん、Google、Bing、Yahooなどの、主だった検索エンジンに登録した上での話です。

私が制作・運用しているサイトは、DoorKeeperのコミュニティなども含めると10ほどあります。制作後にとくに努力していないサイトのアクセス数(PV=ページビュー)たるや、惨憺たるものです。そうしたサイトの1日のPVは、0が普通です。残念ですが、これが厳しい現実です。

ものづくり企業ではカイゼン(カイゼン)が常識で、KAIZENは英語としても通用します。(残念ながら、Wikipediaの記事では「改善」の画像が誤っています。)カイゼンの前提となるのが、「計測できること」です。逆に、「計測できないものはカイゼンできない」とも言えます。

ホームページのカイゼンには、Googleアナリティクス(以下GA)が事実上必須です。GAは無料で利用できるすばらしいサービスで、Zoho SitesやJimdoなどのWebサイト構築サービスで使用することができます。

日々、GAでアクセス解析を行って、どんなキーワードで検索されているか、どんな人がアクセスしているか(性別、年代、地域等)、どのページに最初にアクセスしているか(ランディングページ)、どのページでサイトを離れているか(離脱ページ)、どのくらいサイトに滞在しているか、どのようにページを渡り歩いているか、などを分析します。

こうした分析に基づき、まずはPVを増やすことが先決です。PVが増えないことには、仕事のオファーはありません。

サイトを開設したもののGAを利用していないという方は、できるだけ早くGAを設定し、アクセス解析を始めてみてください。
ホームページ作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 経営戦略はビジュアルに表現しよう
  2. 成果主義で適切な財務目標を設定するためのポイント
  3. [通訳ガイドxIT]メルマガを始めました
  4. 非製造業の業務改善にもIE(生産工学)の発想が有効
  5. Zoho Sitesの使い方
  6. クラウドソーシング活用のお勧め
  7. クラウド会計サービスで経理業務を劇的に効率化する
  8. 効果的な評価基準の設定と運用のポイントとは

最近の記事

PAGE TOP