ブログ

言語ごとにサイトを分けてホームページを多言語化する

階層メニューを使ってホームページを多言語化する方法は、すでに紹介しました。今回は、言語ごとにサイトを分けてホームページを多言語化する方法をご紹介します。

この方式も、単純でわかりやすいと思います。

  • 各サイトは1つの言語で作る
  • 他の言語のサイトへのリンクをメニューに入れる

だけです。このリンクをクリックすると、完全に別のサイトに移動します。

Zoho Sitesの場合は無料プランでも独自ドメインを割り当てられるので、無料サイトを2つ作成し、それぞれ日英専用のコンテンツを掲載することができます。Zoho Sitesでは1つのアカウントで複数のサイトを作成でき、運営しているサイトは、以下に示すMy Sites(ダッシュボード)で管理できます。

My Sites (Zoho)

Jimdoの場合は、有償プランでないと独自ドメインを割り当てられません。ドメインがjimdo.comになることには目をつぶり、プランによらず無料ドメインを使うのが現実的かもしれません。Jimdoの場合はサイトごとにログインする形になるので、複数のサイトを運用していると少し管理が煩雑になります。

当サイトはwpXレンタルサーバーを使って、WordPressで運用しています。wpXレンタルサーバーの場合は、WordPressを10サイトまで作成できるので、言語ごとにサイトを分けて多言語ホームページを作成することができます。当サイトは、この方法で日英2言語で運営しています。英語サイトはこちらです。


ホームページ作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 非製造業の業務改善にもIE(生産工学)の発想が有効
  2. キーボードと万年筆 利用環境が多いならOffice 365 Businessがお得
  3. Zoho Sitesの無料版が強化されました
  4. Jimdo Android版がリリースされました
  5. Eightの名刺データをZoho CRMに取り込む
  6. クラウドソーシング活用のお勧め
  7. クラウド会計サービスで経理業務を劇的に効率化する
  8. マーケティングプラットフォームJapan-Inbound.NET…

最近の記事

PAGE TOP