ブログ

ブログのネタに困ったら作ればいい

稲穂

負担なくホームページを更新するためにブログを活用」でご紹介したように、ホームページのコンテンツを負担感なく充実させるため、私はブログの活用をお勧めしています。ブログであれば、写真と簡単な説明だけの記事でも許容され、むしろ説明が簡潔な方が好まれるからです。

しかし、それでもネタに困るという方も少なくありません。では、どうしたらよいのでしょうか? その答えは、「ブログのネタに困ったら作ればいい」ということです。

これは決して捏造(ねつぞう)を勧めているのではなく、目標からバックキャストして、行動することをお勧めしています。ブログに限らず、書くためのネタは向こうから勝手にやってくることはないのです。通訳ガイドなら案内地の下見に行くとか、飲食店の経営者ならメニュー開発をしてみるとか、自分から行動すればネタができます。コメントがつけば、新しい情報やアイディアが得られるかもしれませんし、広報活動の一環にもなります。

ブログのネタを作るときに注意したいポイントが2つあります。1つは、本筋から外れないことです。上の例でお気づきだと思いますが、あくまでも自らのビジネスに関連のあるネタを作ることです。もう1つは、一石二鳥を狙うことです。時間は有限ですから、ブログのネタ作りだけで終わったのでは、もったいないというものです。先の通訳ガイドの例で言えば、「いつかガイドするかもしれない」という場所ではなく、積極的にガイドしてみようと思う場所がお勧めです。

ところで、本記事のアイキャッチ画像は稲穂です。ホームページのテーマと関連があるなら、美しい田園を見に行くのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. PCと、印刷された報告書 なぜ力業で済ませてしまうのか
  2. 平成28年度2次補正予算「小規模事業者持続化補助金」追加公募(5…
  3. 言語ごとにサイトを分けてホームページを多言語化する
  4. ビジネスフォン Excelでの顧客管理からCRMへ移行しよう
  5. Eightの名刺データをZoho CRMに取り込む
  6. 写真や動画が増えたらギャラリーを用意する
  7. 経営戦略はビジュアルに表現しよう
  8. 名刺印刷業者のご紹介

最近の記事

PAGE TOP