ブログ

利用環境が多いならOffice 365 Businessがお得

キーボードと万年筆

マイクロソフトOfficeは比較的高額なソフトウェアですが、事実上の標準(デファクトスタンダード)となっているため、使わざるを得ないという面があります。Mac OSとiOSには、ワードプロセッサのPages、表計算ソフトのNumbers、プレゼンテーションソフトのKeynoteという優れたソフトウェアが付いていますが、他所から送られてくるファイルや、提出すべきファイルがマイクロソフトOfficeのため、当事務所でも必然的にマイクロソフトOfficeを使用しています。

当事務所では、MacBook Air(Mac OS X Yosemite)、仮想化ソフトParallelsを使ってMacBook AirにインストールしたWindows 8.1、Lenovo G50(Windows 8.1)の3つのPC環境を使っています。MacBook AirにはOffice 2011を入れていますが、すでにOffice 2016がリリースされています。また、Windows版もOffice 365で先行してOffice 2016がリリースされ、明日9月22日にはパッケージ版もリリースされる運びです。

このように環境や台数が増えてくるとマイクロソフトOfficeの買い方に悩みますが、こんな状況で有効なのが、サブスクリプション(購読)型のライセンスであるOffice 365 Businessです。同一ユーザーが使用する分には、WindowsとMac合わせて5台まで使用できます。さらに、AndroidやiPadのOfficeアプリでも、Office 365のライセンスを使って、合わせて5台まで全機能を利用することができます。

Office 365 Businessは、年払いすると月900円/ユーザー、月払いにすると月1,090円/ユーザーとなります。台数がある程度多いようなら、パッケージ版で購入するよりも安価ですし、常に最新版のOfficeが利用できるので、お得なライセンス形態だと言えます。

なお、マイクロソフト社のサイトでは、パッケージ版は家庭向けのページにしか記載されておらず、法人向けはOffice 365のみの情報となっています。企業は古いOfficeを使い続ける傾向があるため、マイクロソフト社から見るとサポートも大変な上に、継続的な収入が見込めないため、サブスクリプション型を推進しているものと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. LINEで公式アカウントをブロックする方法
  2. 動画プロモーションの勧め
  3. 非製造業の業務改善にもIE(生産工学)の発想が有効
  4. ホームページは「今」始めよう
  5. PCと、印刷された報告書 なぜ力業で済ませてしまうのか
  6. 各種サービス利用に欠かせないパスワード管理アプリのご紹介
  7. Zoho Sites/メールでカスタムドメインを使用する方法
  8. フットサル 経営とは「問題解決」である

最近の記事

PAGE TOP