ブログ

5分を活用するために2時間かける

砂時計

この記事は2014年10月23日に行ったセミナー「ガジェットひとつで、いつでもどこでも英語を勉強する方法」の内容に基づいています。

投資回収の観点から時間の使い方を考える

「5分を活用するために2時間かける」と言うと、「そんなバカな?」というご意見がありそうです。しかし、一笑に付す前に、活用したいその5分がどの程度の頻度で存在するかを考えてみましょう。

仮に、「活用できない5分」の時間が毎日1回存在しているとし、その5分を活用するために2時間かけて検討したとします。検討に要した時間は24日間で回収でき、25日め以降はプラスになります。1日2回以上存在しているのなら、検討に要した時間はもっと短い期間で回収できます。

企業においては、複数の従業員について、1日に何回も、活用できない5分間が存在することもあるでしょう。その場合には、検討に要した2時間は、非常に安い投資であると言えます。

5分の業務効率改善ではどうか

前述の議論では、いわゆる「すきま時間」で活用できていなかった5分間を考えました。そんな時間はあまりないよ、という方もおられるでしょう。では、これが「5分間の作業短縮」だとしたらいかがでしょうか。

事務職でも、定常的に行うルーチンワークが存在します。ルーチンワークは毎日のように、あるいは1日に何回も行う作業です。そうしたルーチンワークに要する時間を5分間短縮できるのであれば、多大な改善効果が期待できます。

記事「非製造業の業務改善にもIEの発想が有効」でご紹介したECRS〜排除(Eliminate)、結合(Combine)、交換(Rearrange)、簡素化(Simplify)〜を援用すると、業務改善の着眼点や施策を考えやすくなります。


参考資料ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スマホとガラケー Zohoメール用にSPFレコードを設定する
  2. クラウド会計サービスで経理業務を劇的に効率化する
  3. ビジネスフォン Excelでの顧客管理からCRMへ移行しよう
  4. キーボードと万年筆 利用環境が多いならOffice 365 Businessがお得
  5. フットサル 経営とは「問題解決」である
  6. 写真や動画が増えたらギャラリーを用意する
  7. 名刺印刷業者のご紹介
  8. Flying Logic Proの購入方法

最近の記事

PAGE TOP