ブログ

日英二言語でFacebookに投稿しよう

海外から受注したい場合には、ウェブサイトの多言語化、とくに日英二言語の対応が必須です。本サイトで紹介してきましたように、ウェブサイトの多言語化は少々やっかいです。しかし、Facebookでは複数の言語で投稿できるようになっているので、まずFacebookページを活用して英語のコンテンツを用意し、海外からの受注に役立てることも一案です。

Facebookの多言語化とは

Facebookに複数の言語で投稿された記事は、ユーザーのデフォルト言語の文章があれば、それが表示されます。ない場合には、自動翻訳されます。

上記の説明では動作を理解しづらいかもしれませんが、以下の手順で実際に確認できます。

  1. Facebookページにアクセス
    サンプルとして当事務所のFacebookページをご覧ください。以下の投稿は、日英二言語で投稿したものです。

    注1:「表示: 日本語▼」のメニューから「英語」を選択すると、英語版の投稿を表示できますが、ここでは英語をデフォルト言語とした場合の挙動を確認するための手順をご紹介しています。
    注2:これは記事を作成した人が目にする画面で、読む人にはプルダウンメニューが表示されず、設定に応じて適切な言語が自動的に選択されるため、他人には多言語で投稿していることがわかりません。日常的に複数の言語を混在させて文章を書いていた方の場合、この機能の利用によって、読者が混乱する場合もあります。

    post-ja

  2. 以下の設定が出てくるまでスクロールダウン
    lang-1
  3. 「English(US)」をクリック
  4. 投稿が英語になる
    この投稿で紹介している記事は日本語なので、英文は単純に訳したものではなく、概略を説明する内容としています。
    post-en
  5. 設定を日本語に戻す
    lang-1

Google翻訳を使って英文コンテンツを作成

Facebookは日英双方向の自動翻訳機能を提供していますが、残念ながら品質的にまだまだ使い物になりません。したがって、Facebookで英語のコンテンツを用意するには、現状では日英両方の文章を自分で作成することが必要不可欠です。

幸運なことに、最近になってGoogle翻訳の品質が飛躍的に向上したので、まずGoogle翻訳で英訳し、それをベースに意味の通らないところを改善することで、いちから翻訳するよりも遥かに少ない労力で英語コンテンツを用意できます。以下に、Google翻訳の例を示します。こなれた英文になっていることが分かると思います。(私が最小限の修正を行うとしたら、theを取ります。)

google-translate

日本語でのコミュニケーションには省略が多いので、それが原因で翻訳結果が思わしくないことがあります。Google翻訳の結果が思わしくない場合には、原文をまず推敲することをお勧めします。

Facebookページの言語設定

最後になりましたが、複数言語で投稿するためにはFacebookページの設定を変更する必要があります。「設定」から「複数の言語で投稿」を選び、「このページの管理者による複数の言語での投稿の作成を許可する」にチェックを入れて、「変更を保存」をクリックしてください。

multilingual-setting

この設定を行うと、投稿時に複数の言語を入力できるようになります。

post-1

「他の言語で投稿する」が表示されるようになりました。まず日本語を入力し、「他の言語で投稿する」をクリックしてメニューから言語を選択すると、入力済みの文章が自動翻訳されます。前述のように自動翻訳の品質には難があるので、Google翻訳の利用をお勧めします。

post-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. キーボードと万年筆 利用環境が多いならOffice 365 Businessがお得
  2. ブログ 負担なくホームページを更新するためにブログを活用
  3. Googleアナリティクス アクセス解析を邪魔するリファラースパムを一網打尽にする
  4. Microsoft Wordを使って効率よく英文を書こう
  5. 釣り ホームページのブログでは事業を意識する
  6. アンケート Excelの帳票を見直そう
  7. 各種サービス利用に欠かせないパスワード管理アプリのご紹介
  8. WordPressで多言語サイトを構築する方法

最近の記事

PAGE TOP